Our stories and artwork are composed of emotions and fantasies.

 

Looking at art and being motivated; reading a novel and marveling in wonder. Experiences like these are what make new stories or art in my life.

 

For instance, tasting a delectable course the chef has prepared at the Modern at MoMA might provide enough incentive for a lover to muster up the courage to propose to his girlfriend. Seeing a New Year’s concert at New York Symphony with a friend and ending up passionately talking about resolutions for the next year, all because of the brilliancy of the performance. Being touched by Walt Whitman’s poems and starting to yearn for your family. These seemingly small occurrences create waves of inspiration and sensations that generate ideas for my artwork and strength in life. I think this can be said for everyone who lives in this world.

My métier is to turn sources of inspiration such as novels, prose, poems, critiques, exhibitions, fairy tales, folklores, and even just conversations with others into a visible form using words, art, sculptures, and installations.

 

Every individual has both a leading role and a supporting role in the pursuit of changing the world. Living side by side with art, I always feel that we humans are all main characters of our own lives. However, we are also are supporting characters that help others and give courage to others. Within those dynamic stories in this world, I can say that we are always giving inspiration for and creating life’s art and sentiments.

 

Our potential is the same as the world’s possibilities. What I mean is that our own feelings of happiness and joy, sadness and anger is what sets emotions moving, and the same as the moment when we face a new creation. I think that all of those opportunities assist building that world’s possibilities. That is why we continue to create, because we hope for our potential to become the world’s promises.

(August, 2012)

 

 

感動や想像は、わたしたちの物語や芸術となる。

 

芸術に触れる。感動する。その体験は人生において、わたしの新しい物語や芸術を創造する原動力となっていく。

 

たとえばMoMa Modernにて、シェフがつくりあげた素晴らしいコースの味わいが恋人と結婚を決断する勇気をくれたり、New York Symphonyのニューイヤーコンサートにて力強い演奏を聴いた後、友人と帰りのバーで新年への抱負を熱く語り合うきっかけとなったり、Walt Whitmanの美しい詩に触れて、家族に連絡をしたくなったり。芸術を自分自身の人生をとおして身で読む。こういったささやかな日常での感動が、わたしの新しい芸術を創造する力、生きる力となっている。きっとこのような出来事はわたしだけではない。生きるわたしたちそれぞれにもいえることであろう。

小説、散文、詩、芸術批評、展覧会、昔話、人々との対話などから得たイメージ、つまり感動を、言葉・絵画・彫刻・インスタレーションにて具現化することが、わたしの制作活動である。

 

誰もが主役であり脇役でもありながら、世界を変えようとしている。芸術とともに生きるなかで、わたしが常に感じていることは、わたしたちはそれぞれ、わたしたちの物語のなかの主人公であり、人を助け勇気づけるきっかけをつくりあげる素晴らしい脇役であるということだ。そのようなダイナミックな物語の世界のなかで、わたしたちは人生の感動と芸術を常に生み出しているといえる。

 

わたしたちの可能性は世界の可能性そのものである。世界の可能性とは、わたしたち自身の喜びや歓喜、そして時には悲しみによって感情が突き動かされ、新たな創造へと向かい合ったときのわたしたちの可能性と等しい。その一人一人の可能性が世界全体の可能性となるのではないであろうか。だからこそ、創作を続けている。わたしたちの可能性が、世界の可能性となることを願って。

(August, 2012)

 

 

 

The Association Game of Thoughts

 

Seeing and creating artworks are like playing an association game. When people hear the word “apple”, one might associate it with a red umbrella and another with an orange. My works represent this association game in a simple form.

 

Many people read novels, including myself. We all imagine the scenes and characters in the novel as we like, and various images form in our mind. Even if you don’t quite comprehend the novelist’s intention, this misunderstanding produces another story and scene just for you. That is why we enjoy reading novels.

 

I create the works on the basis of such reading experiences. Scenes imagined from a novel grow into my own imaginations, then I create objects showing images of Haruki Murakami’s novel, the world of Kurt Vonnegut Jr., scenes from Anne frank’s diary…

 

Of course, the scenes I grasp by reading Vonnegut’s novels might differ from another. The feeling is similar to watching a movie based upon a novel and feeling disillusioned. But rather than disappointment, that sense of discord interests me. This is because the inconsistencies born out of the incompatibility of ideas make way for another image altogether. These ideas that are created are my works.

 

Although some of my works are based of an “original story”, it is not imperative for viewers to know the actual story. People can venture into the world of imaginations, just by knowing that my work is based on a story written by someone else. It will be possible for them fly into a larger world, exceeding the first-hand image of the original story and mine, even if that world might be a place without answers; as if in the word association game.

(2001)

 

 

イメージの連想ゲーム

 

芸術を見る。作品を作る。それらは「連想ゲーム」に似ている。たとえばわたしが「リンゴ」と言い始めても、ある人には「赤い傘」と伝わり、また別の人には「オレンジ」と伝わってしまう。わたしの作品はそうした「連想ゲーム」をとてもシンプルな形で表したものである。

 

多くの人々が小説/物語を読む(もちろんわたしも読む)。物語を読むわたしたちは、その物語の舞台や登場人物を好き勝手に想像し、そのイメージを作り上げる。例え小説家の意図を誤読していたとしてもかまわない。そのときそれはわたしたちの物語になり、わたしたちの情景になる。わたしたちは、だからこそ物語を読み、そして楽しむのだろう。

 

わたしはそうした読書体験をもとに作品を制作している。小説からイメージされたシーンは、わたしのイメージ/物語となり、わたしはそのイメージを形にする。たとえば村上春樹の物語を、カート・ヴォネガットの世界を、アンネフランクの日記を。

 

もちろんわたしがヴォネガットを読んでイメージする世界は、別の誰かが読んでイメージする世界とは違うだろう。たとえば小説を原作にした映画を見てがっかりするように。でも、むしろわたしはそのとき起きる齟齬感にこそ興味がある。なぜならイメージが噛み合ったり、噛み合わないことによって起きる不具合は、それを感じた瞬間にまったく違った別のイメージ(それをこそ作品と呼ぼう)を生み出すだろう。

 

わたしの作品には「原作」があるが、しかしその物語はそれほど重要ではない理由もそこにある。たとえそれを読んでいなくとも、誰かによって書かれた物語を元に作られているということを知るだけでイメージの冒険は始まるだろう。そしてわたしの作品を軸に、彼/彼女らは実際の小説やわたしのイメージを越えて、より広い世界へと飛翔していくことだろう。たとえそれが、答えの決して伝わらない連想ゲームであったとしても。

(2001)